爪のピンク色の部分を拡張したい【爪の健康シリーズ】

はいどうも!やってまいりました爪の健康シリーズ!
え?そんなシリーズあったっけ?

今作りました!

このブログ、過去に爪がなみなみ(ガタガタ・でこぼこ)になってしまう時の原因と対処法(及び補足記事)について書いてるから、爪でお悩みの皆さんが時々いらっしゃるのですね。

まあ最近はわたしも爪に関して悩むことも少なくなってきたので、おのずと書くこともなくなってたわけなんだけど、あれっ?て気づいたんだよね。

左手の小指の爪、明らかにピンクの部分小さくね?

セルフで両手を撮るのって難しい

セルフで両手を撮るのって難しい

右手の小指の爪と比べるとその差は明らか。2ミリくらいは違う。
えー?小さくなるなら大きくすることもできるんじゃないのー?というわけで、お約束のGoogle先生。

いろいろなサイトを見て得た情報によれば、ハイポニキウムを育てればいいらしい。

ハイ…ポ…?
覚えられないのでこのエントリは自分向けのメモも兼ねてるよ。

ハイポニキウムっていうのは、爪と指の間から見え隠れしている薄皮状のもの、らしい。

らしい、っていうのは、自分の爪では「これか!」っていうものが見当たらないから。そりゃピンクの部分も減りますよって?
まあ、爪の根元の甘皮の、爪の隙間版みたいに考えればいいのかな?

で、どうやって育てるのかというと、爪を切り過ぎない(深爪厳禁)とか、切るときは爪切りではなくヤスリを使うとか、普段できるだけ爪を使う動作をしないとか、しっかり爪の間まで保湿するとか…

これから冬で手荒れの季節な上に、年末には子育ても始まるのに、できるのかしら…

とりあえず、まめにハンドクリームを塗ることから始めることにしたよ。
クリームはおなじみのユースキン。ミッフィーだいすき。

変化があったらまた書くね(あるかなー?)

爪は手のひら側から見えないぐらいの長さに。 ケアしてたら薬指と小指の爪の白い部分が2段構造(?)ぽく見えるようになったけど、ハイポ(ry)なのか?

爪は手のひら側から見えないぐらいの長さに。
ケアしてたら薬指と小指の爪の白い部分が2段構造(?)ぽく見えるようになったけど、ハイポ(ry)なのか?

人気の記事

カテゴリー: 雑談 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*