足用ネイルチップを探す旅[2]

こんにちは。続きだよ。
これまでのあらすじ

  • カポエイラするのでペディキュア需要が高いけど、ペディキュアつけっぱなしだと爪の健康に良くない。
  • ペディキュア自体面倒な上に、アートするとなると手間がかかりすぎて気軽にオンオフできないよね。
  • 実はペディキュアこそネイルチップ向きなのでは?
  • サイズの合うチップが売ってない
  • 無いなら作ればいいじゃない(マリー)またお前か←イマココ

んで、自宅にタミヤのプラ板が余ってたので、どうやったら加工できるのかな?と試行錯誤。
ドライヤーで温めても熱量不足だし、ライターの火に当てたらその場で溶けて縮むし、グルーガンの先のところに当てたらいい感じに曲げられたけど、爪の形に成形するのは至難の業。

予め爪型を作っておいて、トースターでいい感じに温めたところで型に押し付けるとかかな?

爪型どうやって作るんだよ?角材を彫る?粘土で作る??なんて考えてたら、なんだかげんなり(谷)したので、改めて大きいネイルチップが無いか検索してみることに。

あった\(^o^)/

最大サイズ幅23mmですって。これならいけそうだわ!即注文。
「足用 ネイルチップ」でずっと検索してたんだけど、「ペディキュア チップ」で検索したら割とすぐ見つかったよ。

検索スキルが上がったね。

早く届くといいな(´ω`)楽しみ。

余ったプラ板が自宅にあった

人気の記事

カテゴリー: 作ってみた, 日記 タグ: , , ,
足用ネイルチップを探す旅[2]” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "足用ネイルチップを探す旅[2]"
  1. […] これまでのあらすじ(前回記事) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*