粉石けんで洗濯してみよう。ドラム式洗濯機で!

もうすぐ赤ちゃんが産まれるので、色々準備をしている順加さんだよ。

今時、情報過多で何を信じればって部分もあるんだけど、洗濯洗剤についてもそうで、大人のものと一緒に洗うなとか、合成洗剤はダメだとか…個人的にはそこまで気にするかぁ!?って思いではあるけど…。

でも、そもそも一般的に売ってる合成洗剤の独特な匂い(「○○の香り」みたいな)に辟易している順加さん的には、これを期に大げさな香りがついてない粉石けんも選択肢に入れるべきと考え始めたわけ。

そんな感じでリサーチしてみたところ、新生児向けにどうこう、というより、汚れ落ちが良いとか、柔軟剤がむしろ要らないとか、なんだか今使っている合成洗剤より良いのかも…(何より安いし)と思ってひとつ買ってみたわけですわ、2.16kg。でかっ!

粉石けんと言えばミヨシ石鹸のそよ風ってぐらいの定番らしい。 ピッタリ入るケースも一緒に調達。

粉石けんと言えばミヨシ石鹸のそよ風ってぐらいの定番らしい。
ピッタリ入るケースも一緒に調達。

んで、洗剤の量をきちんと調べておこうッて思って、この段階で洗濯機の説明書を見たらですね、粉石けんは使うなって書いてあるわけさ。

先に言ってよ!

ネットで調べたら、どうもドラム式洗濯機には粉石けんを使えないっていうのは常識っていうか、よく知られていることだったっぽい?いや、わたし知らなかったよ…うう。

既に開封してしまったし(この時点でもう洗い始めていた)、返品もできないのでどうしようと思って更に良く調べたら、洗剤投入口じゃなくて、洗濯物を入れた後のドラム内にふりかければOKってことがわかった。

その時投入する石けんの量は試行錯誤っぽいけどな!
(目安はあるんだけど、結局泡立ち次第なので慣れが必要らしい)

そんな失敗も繰り返しながら人は成長していくのさ、ブログのネタにもなるし。

人気の記事

カテゴリー: 日記 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*