香水マナー

世間にはくさい人がいっぱいいるね。
わたしは加齢臭とかワキガ臭はそこまで(程度にもよるけど)気にならないんだけど、たばこと香水のにおいは我慢ならない。気持ち悪くなっちゃう。たばこのことは置いといて、今回は香水の話。

わたしもいくつかの香水を持っているし、いい香りに包まれたい…なによりオシャレっぽい…と興味はあるけれど、香水キツい人に遭遇すると、うわ、自分もこんな感じだったらどうしよ!と心配になって、なかなか手が出せないわけですよ。

日本人はにおいに敏感すぎるって聞いたことがあるけど、そもそも民族的に体臭が少ないのでそれも致し方ない。
ただ、日本の人で香水を上手に使っている人がすごく少ない気がするんだよね。

日本の人で、と言ったのは、アジア人以外でうわー香水キツすぎ!って人に遭遇したことがないから。日本にいる限り、外国の人の絶対数が少ないので、もしかしたら外国人とか日本人とか関係ないのかもだけど…
でもわたしの経験上、大抵の白人、黒人は香水を使っていて、それでいてなおかつみんな好ましいにおいがするのよね。

逆に日本人では香水キツい人ばっかり目に(鼻に?)ついちゃう。もちろん上手な人もいるけど。
どうして日本の人ばっかり、香水のキツい人が目立つのかな?

日本における香水の文化は、海外に比べたら全然浅い?ので、使い方が成熟してないという説も聞いた気がするんだけど、でも日本でもお香とか、匂い袋とか、香りの文化はそれなりに古くからあったはずなんだよね。

じゃあ、逆に西洋の香水は何のために作られたのかと言えば、体を洗うことが一般的ではないので、体臭を隠すために生まれたって話だよね。
だとすると、毎日お風呂に入ることがあたりまえで、そもそも体臭が少ない日本人は香水つける必要がないわけなんだけど…。

これは仮説だけど、もしも西洋の香水が、体臭と混ざることで好ましい香りになるように設計されているとしたら、日本人に合わないのはあたりまえなんじゃないかな。

そう言えば、加齢臭のするおじさまおばさま方の香水が嫌だなと思うことって少ないんだよね。まあ人生経験が豊富なのでつけ方をわきまえているのかもしれないし、やはり若い人よりももっと良い香水をつけてるっていうのはあるかもしれないけどね。

上記の仮説が正しいとすれば、じゃあ、香水で他人に迷惑をかけていやしないか悩むお兄さんお姉さん達におかれましては、自分の体臭と同程度の量をつけたらOKってことなんじゃね。

自分の体臭がわからない?じゃあわからない程度につけたらいいよね。
自分で自分の香水のにおいがわかるとすると…つけすぎなんじゃないかな。みんなむせるのをこらえているかもよ?

人気の記事

カテゴリー: 雑談 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*