新旧入り交じる街

とある街角の

ホーチミンは、富を象徴するかのようなピカピカのビルと、今にも朽ち果てそうな建物が混在する街だった。

地区によって区分化されるのではなく、普通にきれいな建物の隣に、廃墟と言っても過言ではない(萌えるっ)建物があったりした。

人々は引きこもることなく、路上に小さなイスやテーブルを出して、そこでくつろいでいる様子だった。

この街の空間(路上)がそのまま、彼らの生活空間のようだ。

とある街角

人気の記事

カテゴリー: 旅行 タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*