一大イベント「胃の検査」

健康診断(人間ドック)だったんです。今日。

去年もほぼ同じことをやったんですが…特筆すべきは胃の検査、通称バリウムですよ。
もうね、バリウムだけでブログ1エントリー書けるんですよ。書きます。

バリウム、それは胃のX線写真を撮る際に使う「造影剤」。おおよそ飲食物の味じゃないです。ま、ほとんど味が無いと言うのが正しいか…。

まず、コレを飲む前に、「発泡剤」を飲みます。正確には、発泡剤をバリウムで喉の奥に押し込む感じ。

もうここでギブなんですけど。

まあそこは気合いで乗り越えつつ、レントゲン技師の指示されるがままに、飲むわけです。

「ハイ飲んで!ごくごく飲んで!」

ごくごくってあーた、無理だよ…

なんとか飲み終わっても、終わりじゃないです。
発泡剤によってゲップが出やすい状態になるわけですが、これを我慢しないと大変なことに。

我慢できなかったら、どうなるか…?
うーん、失敗したこと無いので知らないけど、たぶん、やりなおし…?

嫌だ!!

で、そんな状態のまま、レントゲン撮影台が傾いていくわけです。
まあつまり、強制的に横にされるんですが、頭が下になったり、台の上で2回転しろとか言われるのでそのようにしたりするんです。

これ、なんのプレイ?みたいな。

極めつけは、マジックハンドならぬ、マジック棒?が出てきて、押すのよね、お腹を。ぐいぐいと。

(×ω×) ←ずっとこの状態

そんな撮影が終わってもまだバリウム検査は終わらない…

最大の難関は、そう、「下剤」

今年は下剤の効きが悪くて…追加で貰った分を飲んで、今お腹痛い。もうやだ。

そんなバリウムを飲むのは30歳から!らしいです。いい歳なんだ。しょぼん。

先日のウェンディの写真を貼って癒されることにする。
何かを思い出した瞬間のウェンディ。

何かを思い出した瞬間のウェンディ

人気の記事

カテゴリー: Wendy, いきもの, 日記 タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*