薄暗くてもいいの

金曜日、自宅の風呂場の、2つある電球のうち2つともが切れてしまいました。
電球を替えればいいのですが、ガラス製の電灯カバーは外すのが面倒臭く、ドライバーを使わないと外せない上に、おっちょこちょいの順加がやって、もし万が一落として割ったりしたら嫌なのでそのままにすることにしました。
というか、替えの電球も切らしていました。

でもうちの風呂場は、外に面した窓は無いけれども、なぜだか部屋に面した窓がいっぱいあるので、ちょっと薄暗いぐらいで電灯ついてなくても十分事足ります。

というよりむしろこのほうがリラックスできたり。
もとからリキッドキャンドルが置いてあったりして、これ灯したらリラックスムード満点!!

Σリキッドキャンドルの詰め替えも切れてる!!

土日、お父さんがいなかったこともあり、未だにそのままです。

人気の記事

カテゴリー: 日記
薄暗くてもいいの” への1件のコメント
  1. より:

    俺のアパートの風呂場はすごい。
    何がすごいかというと。
    天井の板が勝手にずれる。
    何回直してもずれて、なんか、怖い。
    とりあえずビニールシートでふさいでみたが。
    爪のひっかき傷がでるように・・・
    魑魅魍魎が蠢く俺のアパート。

  2. 順加 より:

    天井裏にアライグマ親子がいるとみた!

  3. より:

    アライグマ親子LOVE!
    つか、髪の毛はみ出てるんですが
    ちょろっと
    あひゃhydっfぁsjfghふじこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*